経鼻胃内視鏡について

「おえっ」と苦しまなくて良い、胃カメラ検査です。

胃カメラというと太い内視鏡をえずきながら飲み込んで検査中も苦痛というイメージの方が多いと思います。経鼻胃内視鏡は鼻水が自然と喉の奥に垂れ込んで飲み込んでしまうという生理的現症と極細径スコープの開発により可能となった最先端の胃内視鏡検査です。

【経鼻胃内視鏡の特徴】
①吐き気が少ない
スコープが舌の根元を通らないため咽頭反射がないからです。
②検査中に会話が出来る
口をふさがないので検査医と会話し自分の内視鏡画像を同時に見ながら質問できます。
③体に優しい
苦痛が少なく会話も可能で麻酔などの前処置も短いことからリラックスして検査を受けていただけます。狭心症など持病をお持ちの方でも心拍数や血圧の変動が少なく危険性もありません。
④検査後すぐに食事が可能
咽頭麻酔をしないため検査後すぐに食事が可能です。

鼻から入れて痛くない?

これまで経口内視鏡で使用されてきたスコープ径は10mm程度でした。これではもちろん経鼻挿入には使用できません。経鼻胃内視鏡を可能にした極細径スコープは当初6mm程度でした。現在、当院ではオリンパス社の最新スコープを使用しており先端径は4.9mmと鉛筆やタバコよりも細く、痛みはほとんどありません。また、検査前には鼻腔に十分な麻酔と止血処置をします。

経鼻胃内視鏡検査の手順

①胃の中の泡を消すお薬を飲みます。
②止血のためのお薬をお鼻に入れます。
③麻酔のためのスプレーを鼻腔にします。
④十分な麻酔作用の後鼻からスコープを挿入します。
⑤検査中は一緒にモニターを見ながら検査医が説明します。何でも御質問下さい。
⑥検査後、さらに十分な説明をさせてもらいます。
また、検査画像はお渡しします。

*検査後は鼻腔と咽頭に違和感がありますが徐々にもどりますのでご安心下さい。食事もすぐに可能です。検査は約20分程で終わります。
*鼻腔の狭い方や鼻出血を繰返すなど鼻に持病のある方、鼻からはイヤだといわれる方には従来の経口挿入にて検査させて頂きます。しかし、この場合も極細スコープを使用しますので従来の検査より断然楽に受けて頂けます。