予防接種について

予防接種とは、病気に対する免疫をつけて病気を未然に防ぐために必要なものです。大切なお子様を病気から守るため、できる限り予防接種を受けに来てください。

 

予防接種

私たちは日常生活の中で様々な細菌やウイルスなどと共存していますが、それらに対する抵抗力(免疫)がないと病気(感染症)にかかります。予防接種とは病気になる前にワクチンを接種し病気に対する抵抗力をつけて病気を予防したり、なっても症状を軽くする方法です。子供は抵抗力が弱いため病気にかかり易く、かかると重篤になる場合があります。感染症の発生が減少した現代社会でも結核や鳥インフルエンザなどの恐怖が忍び寄っています。お子様の場合、接種するか否かは保護者の方の判断にゆだねられます。大切なお子様を守るためにもできる限り積極的に受けに来てください。

ワクチン

病気を起こさない程度にまで病原体の毒素を弱めるか、性質を変えるなどしてつくったお薬です。
・ 生ワクチン:生きた病原体の毒素を弱めたもの。BCG、ポリオ、MR、水痘、おたふくかぜ
・ 不活化ワクチン:免疫をつくるのに必要な成分のみを取り出し可能な限り毒性をなくしたもの。免疫を得るのに数回接種が必要。DPT、日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎
・ トキソイド:毒素だけを取り出して毒性を弱めたもの。破傷風

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日